私というレンズを通して

アメリカ研究専攻の大学院生です。メキシコ系アメリカ人に関して研究をしています。また、学外でセクシュアル・マイノリティ関係の市民講座を仲間とひらいたりもしています。このブログでは、日常生活で思ったことを私の視点から書いていきたいと思います。

ヒゲの持つ力

私にはヒゲがないですが、アメリカにいる仲の良いお兄ちゃんのヒゲ話から思ったことを書きます。

 

***

彼は銀行で働き始めて6ヶ月くらいになるのだが、働き始めはヒゲなしで働いていたそう。ヒゲがない方が清潔そうに見えるし、すっきりしているから好きだったそう。

 

しかし、仕事をする上では不都合が多いらしい。

 

ヒゲがないと若く見えるからか、窓口で対応している時のお客さん態度がきついことが多く、良い思い出がないという。

 

逆にヒゲがあると、年をとっているように見えるからか、お客さんから信頼されているように感じるという。

 

「それに気がついて、周囲の同僚を見渡すとみんなヒゲを生やしてたんだよ!」とすごい発見をしたように話してくれたが、それを聞いた私は「そうなのかぁ」思った。

(本当はヒゲなしでも人から信頼され、銀行で働く人に対する客の態度は優しくないといけないのだと思うけれど、)彼にとってはヒゲを生やすことが一つの戦略になっているのだ。

 

この話を聞いて、二つのことを思った。一つは日本はどうなのかということ。もう一つは彼の職場の女性はどうしているのかということ。

 

 

日本ではヒゲの人をあまり見ないし、私の大学が女子大で勉強しているせいか、あまり男性が日常の中でどのようにヒゲをマネージしているのかわからないところが多いので、1個目の疑問は保留することにする。

 

2個目の疑問は、私にとっても重要な意味を持つ疑問だと思うので、それを中心に考えてみたい。

先日、「女性の名前で仕事のメールを送ってみたら…見えない差別に気づいたある男性の話」という記事を読んだ(以下のもの)。

www.huffingtonpost.jp

 

これはメールで女性がクライアントからひどい対応を受けていたので、試しに男性名に変えたらクライアントがころっと態度を変え、すごく「良い」人になったというお話が前半に書かれている。

 

これはメールでの話だが、見えないから女性にひどい対応をしても良いという考えがあったという話ではなく、このクライアントのような人は顔の見える関係の女性に対してもひどい対応をしているのだろう。

 

果たして、その場合に女性はどのように対処すれば良いのか。服装やアクセサリー、言葉遣いで変化するほど単純な問題ではなさそうだ。

女性はヒゲもないし、そもそも、外見を変えることで扱いが変わるというのも変な話だと思う。

 

人がそれぞれ持つ差異には変えられるものと変えられないものがあるので、不当な扱いを受けていても変化させることで対処するということが不可能な場合もある。

それに以前に、本来は誰もが自分の(好む)外見で平等に扱われるべきだし、受け入れられるべきだ。

 

どのように状況を変えていくのかの明確なビジョンはないけれど、相手に対する尊重をするということや、自分が弱い立場にある人ではなくても自分のこととして主体的に捉え、行動することが必要だと感じた。

そのように連帯を見せることで、弱い立場にある人も声をあげやすくなるだろうし、立場が違う人も、自分たちと同じ立場でそのような姿勢を見せている人がいたら、少しずつ変わっていくことが期待できるのではないだろうか。

ヒゲの話から、悶々と考えてこんなことを思っていた昨夜であった。